外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は12日、韓国周辺海域27カ所で、13日から新たに通常の海上射撃訓練を行うことを明らかにした。17日までの予定で、北朝鮮からの砲撃を受けた延坪島など、韓国が黄海上の南北境界線と主張し、北朝鮮が認めないとしている北方限界線(NLL)近くの海域は含まない。同本部によると、訓練区域は黄海15カ所のほか、日本海6カ所、済州島の東方6カ所。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信