外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国最高裁は26日、韓国留学中の1975年に情報機関に「北朝鮮スパイ」と疑われて連行され、国家保安法違反罪などで約5年10カ月間服役した在日韓国人2世の金鍾太さん(62)=東京都練馬区=の再審で、一、二審の無罪判決を支持して検察の上告を棄却、無罪が確定した。一、二審は、拷問により得られた金さんの虚偽の「自白」だけが証拠で、スパイ事件自体が捏造されたと判断していた。

共同通信