外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国統一省は5日、北朝鮮で金正日総書記が死去、後継指導者の金正恩氏による新体制が発足したのを受け、2010年の韓国海軍哨戒艦沈没と延坪島砲撃への北朝鮮による謝罪がない状態でも、常設の南北閣僚級対話チャンネルの開設を進める方針を決めた。今後、北朝鮮側に働き掛ける。4月の総選挙や12月の大統領選を控え、朝鮮半島情勢を安定させたいとの思惑がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信