外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院が昨年の大統領選で組織的に野党候補をネット上で攻撃した事件で、韓国検察は11日、李明博前大統領の腹心の元世勲前国情院長が公務員の地位を利用し職員に指示していたとして、公選法違反罪などで在宅起訴すると発表した。韓国メディアが伝えた。またソウル地方警察庁の金用判前長官が、投開票前にこの疑惑を捜査した刑事に圧力をかけるなどしていたとして、職権乱用罪で在宅起訴することも決めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信