外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国外務省報道官は30日、従軍慰安婦問題に関する論評を発表、第2次大戦をめぐる歴代内閣の立場は揺るがないとした安倍晋三首相の戦後70年談話について「慰安婦問題をはじめ、未解決の懸案に誠意ある措置を取ってこそ歴史認識を行動で裏付けることになる」と指摘した。

共同通信