ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

韓国・朴次期大統領と河野氏会談

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵次期大統領は14日、ソウルで河野洋平元衆院議長と会談し「日本は(植民地支配の)被害者の苦痛を真に理解する立場に立ってほしい」と述べ、歴史問題で日本に前向きな対応を取るよう求めた。朴氏の報道担当者が明らかにした。朴氏は「韓日間の協力がかつてなく重要な時期に歴史問題が国民の心を刺激し、未来志向的な関係発展の障害になってはならない」と述べ、両国関係の安定の重要性を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。