外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】北朝鮮の金正日総書記の死去を受け、韓国政府は24日までに、南北対話の再開条件としてきた昨年の武力挑発に対する謝罪がない状況でも、後継者、金正恩氏を中心とする新体制と対話を行う方向で検討に入った。複数の政府高官が明らかにした。韓国政府は総書記の死去発表後、北朝鮮の安定が最優先課題だとたびたび強調しており、対話を急ぎ融和的政策に転換する可能性が出てきた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信