外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は22日、国防相候補に指名していた金秉寛氏が候補を辞退したことを受け、現職の金寛鎮国防相を留任させることを決定した。聯合ニュースによると、韓国で新政権が前政権の国防相を留任させるのは初めて。大統領府報道官は留任理由について「北朝鮮の相次ぐ挑発で国家安全保障が危機にある。再び(国会の)人事聴聞会などで時間を遅らせるには、国家と国民の安全が危ない状況だ」と説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信