外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国政府は29日、北朝鮮との経済協力事業、開城工業団地の再開をめぐる「最後の協議」の実施を、南北軍事境界線上の板門店の直通電話線を通じ北朝鮮側に提案した。韓国統一省が明らかにした。韓国は、北朝鮮が一方的に団地の稼働を中断したとして、再発防止を確約するよう要求。これに応じなければ「重大な決断」を下さざるを得ないとして団地の閉鎖も辞さない構えを示しており、北朝鮮側の対応が注目される。

共同通信