外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国で12日、電力不足で大停電になる恐れがあるとして、政府が全国の役所の冷房を禁じた。節電の呼び掛けで同日の電力使用がピークの時間帯は何とか乗り切ったが、14日までは危機的状況が続く見通しだ。韓国では、12日に南東部大邱で37・9度を記録した猛暑に加え、部品納入不正による原発の停止などで、電力供給が不安定な状態が続いている。

共同通信