外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国政府高官は22日、尹炳世外相の訪日を取りやめたことについて、21日に麻生太郎副総理兼財務相が靖国神社を参拝したことを挙げ「極めて不快だ」と批判、訪日中止の決定的な理由になったことを示唆した。聯合ニュースが伝えた。高官は、訪問取り消しで日本に「相当の(強い)メッセージ」を送ったと述べた。日韓は双方の新政権発足後、外相会談も首脳会談も開いていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信