外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領と親友の崔順実被告を巡る疑惑を調べる特別検察官の捜査チーム幹部は13日、サムスングループの経営トップ、李在鎔サムスン電子副会長に対し、朴氏への贈賄容疑などで逮捕状を請求するかどうか、14日にも結論を出すと明らかにした。地元メディアによると、逮捕する方針を決めるとの見方が強まっている。李氏は容疑を否認している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信