外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年1年間に生産された音楽CDの枚数と金額が、14年ぶりに前年を上回ったことが24日、日本レコード協会の調べで分かった。1998年のピーク以降、続いていたCD生産の減少に歯止めがかかった形だ。同協会によると、2012年のCD生産枚数は約2億1517万枚に上り、11年より9%増。生産金額は約2246億円で8%増えた。AKB48などアイドルのヒットのほか、ベテランアーティストのアルバムやベスト盤などが好調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信