外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 免疫抑制剤に頼らず拒絶反応を抑える独自の臓器移植術を開発した奥村康・順天堂大教授(免疫学)が、中国東部の病院にこの技術を指導していたことが26日、同教授らへの取材で分かった。中国の移植医療をめぐっては「死刑囚をドナー(臓器提供者)にしている」と問題視する声があり「研究者としての倫理が問われかねない」との指摘も。奥村教授は共同通信の取材に「サルを用いた実験に協力しただけ」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信