外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州チトラルの地裁は14日、イスラム教の預言者ムハンマドを侮辱する発言をしたとして冒とく罪に問われた20代の地元男性に死刑判決を言い渡した。冒トク罪での死刑判決は、2010年11月に中部パンジャブ州に住むキリスト教徒の女性に言い渡されて以来。人権団体からは刑法の改正を求める声が上がっているが、改正の動きは進んでいない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信