ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

領有権対立の平和解決要求

 【プノンペン共同】オバマ米大統領は20日、訪問中のカンボジアの首都プノンペンで中国の温家宝首相と会談した。中国が東シナ海と南シナ海で領有権を主張し、日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国と対立を続ける問題を「国際法に沿って平和解決」するよう要求、不公正な貿易慣行の是正も求めた。今回はオバマ氏の再選後初の米中首脳会談。中国側も、温氏は来春退任するものの習近平新指導部発足後で初となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。