ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

顧問が他の部員への体罰認める

 大阪市立桜宮高2年でバスケットボール部主将の男子生徒=当時(17)=が顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市教育委員会は9日、顧問がほかの部員への体罰も認めていることを明らかにした。「発奮させるためだった」と説明しているという。バスケット部員50人へのアンケートでは21人が体罰を受けたと証言。多くの部員が常態的に体罰被害を受けていたとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。