外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の生徒が、顧問の体罰を受けた後に自殺した問題で、顧問が教員として最初に勤めた大阪府立高でも指導するバスケット部員に体罰をしていたことが18日、分かった。府立高のバスケット部で指導を受けた男性は「感情的に怒るタイプで、よくほおをたたかれた」と証言。一方で、特別厳しい体罰をしていたわけではないとも指摘。「根性論者ではなく、極めて理論的な指導をする先生」と語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信