外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジャカルタ共同】世界最多のイスラム教徒を抱えるインドネシアの警察当局は11日、中東の過激派「イスラム国」に関する風刺画でイスラム教を冒涜した疑いがあるとして、有力英字紙ジャカルタ・ポストの編集長を容疑者として捜査すると発表した。有罪になれば、禁錮刑が科される可能性がある。

共同通信