外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国内の風力発電能力は12年度末までに大型の原発2基分に相当する265万キロワットに達する見通しとなったものの、大震災後2年間の新規導入量は、震災前を下回る年10万キロワット未満と低迷していることが、業界団体の推計で9日分かった。政府は震災後、再生可能エネルギーの拡大を最重要施策の一つに掲げてきたが、風力の伸びは海外に比べても鈍い。環境省と経産省は13年度予算案に253億円を計上、てこ入れを図る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信