ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

風圧でボルトに想定の2倍負荷

 9人が死亡した昨年12月の山梨県の中央自動車道笹子トンネル事故で、崩落した天井板のつり金具を固定するアンカーボルトに、換気の際などに生じる風圧で想定の2倍以上の荷重がかかっていたことが28日、国土交通省の調査で分かった。設計時に風圧の影響を過小評価したとみられる。事故原因を調査する専門家委員会は、風圧のほか、アンカーボルトの差し込み不足や接着剤の劣化なども事故要因とみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。