外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 食品中に含まれる放射性セシウムの暫定基準値の算定根拠となっている年間被ばく限度について、小宮山洋子厚生労働相は28日の閣議後記者会見で、現行の年5ミリシーベルトを同1ミリシーベルトに引き下げ、来年4月から適用する方針を明らかにした。野菜や肉の場合、現行の暫定基準値は1キログラム当たり500ベクレル。新基準値はより厳しいものになる見通しだが、個々の食品の具体的数値は今後、専門家の意見も踏まえて検討を進める。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信