外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 消費者庁と農水省は27日、食品の原産地や消費期限を誤表示した日本農林規格(JAS)法違反について、これまで非公表だった業者の指導件数と概要を、半年ごとにまとめ公表することを決めた。「食の安心」に対する消費者の関心の高まりが背景にある。今年4~9月の指導件数は全国40都道府県で261件。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信