外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 新潟で開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の食料安全保障担当相会合は17日、災害や穀物価格高騰などによる食料危機に備え、食料増産や農業投資の促進を目指すとした閣僚宣言(新潟宣言)を採択し、閉幕した。合意内容の着実な実行に向け、農産物の生産能力向上のための研究会開催など、各国が取り組む62の具体策を盛り込んだ行動計画もまとめた。宣言は11月のAPEC首脳会議の文書に反映される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信