外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 農林水産省は7日、2014年度のカロリーベースの食料自給率が5年連続で39%だったと発表した。小麦と大豆の生産量は増えたが、ほとんどを国産が占めるコメの需要が減ったことから、自給率は変わらなかった。政府は自給率目標を3月に従来の50%から45%へ引き下げたが、この数字も大きく割り込んでおり、農政の一段の見直しが求められそうだ。

共同通信