外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 上野動物園(東京都台東区)は28日、記者会見し、雌のジャイアントパンダの食欲が落ちたり、ホルモン値が変化したりし、妊娠の兆候となる変化が確認できたと発表した。動物園によると、雌のシンシンは23日ごろから餌の竹の量が減り、休む時間も長くなっている。23日の採血検査でもホルモン値の変化が確認されたという。今後、生殖器や乳頭がふくれあがるような体調の変化を注意深く観察する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信