外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福岡県飯塚市で1992年、7歳の女児2人が誘拐、殺害された「飯塚事件」の再審請求審で、死刑が確定、執行された久間三千年元死刑囚=執行当時(70)=側の弁護団は25日、捜査段階の鑑定で使われ、真犯人とみられる人物のDNA型が写ったネガを専門家が分析した結果「第三者のDNA型が見つかった」と明らかにした。福岡市で記者会見した弁護団は「無罪を言い渡すべき決定的な新証拠」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信