外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮を訪問した飯島勲内閣官房参与が要人との会談で、全ての拉致被害者の即時帰国や真相究明、実行犯の引き渡しを要求し「懸案の解決がない限り日本政府は動かない」との日本側の方針を伝えたことが18日、分かった。核、ミサイル問題と合わせた包括的な解決も求めた。政府関係者が明らかにした。北朝鮮側の主張や反応は分かっておらず、中断している日朝交渉の再開につながるかは不透明だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信