外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今月中旬に訪朝した飯島勲内閣官房参与と北朝鮮側要人の会談概要が24日、判明した。飯島氏は拉致問題解決に向けた協議を「期限を設けて進めるべきだ」と主張。北朝鮮側は、日本独自の経済制裁解除を求めると同時に、日本国内で北朝鮮の大使館的な機能を持つ在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビルの継続使用も要請した。複数の日朝関係筋が明らかにした。北朝鮮側は「日本の意向を金正恩第1書記に伝える」と回答した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信