外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島第1原発事故で計画的避難区域に指定され、住民が避難している福島県飯舘村で1月以降、降り積もった雪の影響のため空間線量が低く測定されていることが5日、分かった。雪が“バリアー”となり、地表の放射性物質から出る放射線を遮っているとみられる。見かけでは線量が下がっているため、原因を知らない住民からは「しっかりと説明してほしい」との声が上がっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信