外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福岡市で2006年、飲酒運転の車に追突された多目的レジャー車が海に転落、幼い3きょうだいが水死した事故で、最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は2日までに、危険運転致死傷罪などに問われた元同市職員今林大被告(27)の上告を棄却する決定をした。飲酒による危険運転罪の成否を判断する基準を最高裁として初めて示し、同罪の成立を認めた。懲役20年とした二審福岡高裁判決が確定する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信