外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 財務省が消費税率を現在の8%から2017年4月に10%へ引き上げるのに伴う低所得者対策として、飲食料品の税負担が増す2%分を還付金として支給する案を検討していることが4日、分かった。与党は税率自体を低く抑える軽減税率を検討しているが制度設計が難航。代替案として一律に10%を課した後に増税分を返金する仕組みが浮上している。

共同通信