外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 生体腎移植をめぐり、暴力団組員と患者である医師が養子縁組を悪用して臓器売買をしたとされる事件を受け、腎移植を実施したことのある全国の病院に過去5年間の実態調査をした結果、養子縁組による親子間の生体腎移植が4病院で計5例行われていたと日本移植学会が10日、発表した。結婚1年以内の夫婦間でも7病院で8例実施されていた。移植学会は「臓器移植法や学会の倫理指針に抵触した事例はなかった」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信