外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は14日、小沢一郎元民主党代表の衆院政治倫理審査会への招致問題に関し、小沢氏は自発的に出席すべきだとの考えを強調した。政倫審招致へ首相自らが圧力をかけた格好だが、小沢氏側は歩み寄りの姿勢を見せておらず、党内対立の緊張は続いている。一方、小沢氏と岡田克也幹事長との会談は日程調整がつかず、15日以降に持ち越される見通しだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信