外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マスカット共同】安倍晋三首相は9日夜(日本時間10日未明)、オマーンのカブース国王と国王主催の晩さん会で意見交換し、イランの核問題解決に連携して取り組む方針を確認した。首相は「イランにさまざまな働き掛けをして、地域の共通利益を達成すべく努めている」と強調。カブース氏は「解決に向けた日本の役割に期待する」と応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信