外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相(自民党総裁)と東京都の小池百合子知事側が11日、都議選(7月2日投開票)に向けて対決姿勢を鮮明にした。首相は自民党東京都連が開催した決起集会で、小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」を念頭に「急に誕生した政党に都政を支える力はない」と強調。一方、都民ファーストの会は「旧来の勢力にとらわれている都政を解き放つ」とした綱領を発表し、都議会自民党をけん制した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信