外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳩山首相が代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」の収支報告書虚偽記載問題で、東京地検特捜部は23日までに、政治資金規正法違反の罪で、経理担当だった元公設第1秘書(59)を24日に在宅起訴する方針を固めた。首相の関連政治団体分も含め、立件額は3億7千万円前後の見通し。さらに同法違反の罪で、会計責任者だった元政策秘書(55)を略式起訴、首相本人については嫌疑不十分で不起訴とする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信