外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【南京共同】中国江蘇省南京市にある「南京大虐殺記念館」の朱成山館長(57)は12日、日本の首相が初めて南京を訪れるなら「歓迎する」と述べる一方、日本側との間で見解の隔たりが大きい中国人住民らに対する虐殺数については、中国側が主張する「30万人」の数字を見直す可能性がないことを強調した。旧日本軍による「南京占領」から13日で74年になるのを前に共同通信とのインタビューに応じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信