外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アテネ、カンヌ共同】欧州連合(EU)が合意した財政危機の包括的対策の受け入れをめぐり、国民投票を実施すると表明したギリシャのパパンドレウ首相は3日、与党議員や閣僚から投票への反対や辞任要求に直面。ロイター通信は「首相の辞任はない」とする政府関係者の話を伝え、辞任説を否定した。しかし、政局の混迷が深まり、国民投票の撤回もあり得る情勢となっている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信