外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の仲井真弘多知事は9日、野田佳彦首相と官邸で会談し、米軍新型輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備撤回と見直しを求めた。首相は「重く受け止める」と強調、普天間飛行場の早期移設や沖縄振興に一層努める考えを示したが、配備撤回には応じず平行線で終わった。これに関し森本敏防衛相は記者会見でオスプレイの沖縄配備見直しを米側に要請する考えはないと表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信