外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は13日夕、ロシアのメドベージェフ大統領と横浜市内で会談し、大統領の国後島訪問について「わが国の立場、日本国民の感情から受け入れられない」と述べ、抗議した。大統領は「北方領土はわれわれの領土であり、今後もそうだ」と反論、主張は平行線をたどった。経済協力を中心とした両国関係の進展では一致した。ただ首相は、北方四島について「日本固有の領土」との表現は使わなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信