外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は22日午前の衆院予算委員会で、消費税増税を柱とした社会保障と税の一体改革について「先送りしたくない。与野党が胸襟を開いて議論し、前倒しで成案を得る努力をしたい」と述べ、早期に決着を図る考えを強調した。同時に「法案提出まで時間がある。取り入れられる意見は入れていく」と野党案にも柔軟対応する姿勢を示した。財政状況が一段と厳しいことに触れ「もはや時間との勝負」と増税に国民の理解を求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信