外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳩山由紀夫首相は4日午前の衆院予算委員会で、自身の虚偽献金問題に関連して「監督責任の是非に関しては捜査(の行方)に委ねたい」と述べ、東京地検の捜査を見守る考えを示した。一方、「元会計担当者を信頼しきっていた。秘書が犯したことだから議員は関係ないと言うのは潔くない」とも述べた。首相は「元会計担当者とは連絡をとっていない。捜査が進んでいるのでいずれ全容が判明する」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信