外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は27日夜、今後の政権運営をめぐり「通常国会が始まるまでに、いかに強力な態勢をつくるかということは、これからもしっかり考えていかなければならない」と述べ、来年1月の通常国会開会前に内閣改造を断行する可能性を示唆した。官邸で記者団の質問に答えた。同時に「具体的な人事については今は全く白紙だ」として、改造の規模や人選については慎重に検討する意向を示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信