外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は2日の参院本会議での緊急質問で、先の通常国会で参院が可決した首相問責決議について「深く肝に銘じて、重く受け止めている。反省すべきは反省し、国政に取り組む」と述べ、野党に審議への協力を求めた。衆院解散・総選挙の時期は示さず、内閣総辞職も「首相としての責任を放棄するものだ」と否定した。国会法76条で認められた緊急質問は1985年以来、27年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信