外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は7日、東京電力福島第1原発事故で拡散した放射性物質の除染や賠償金支払いの費用を捻出するため、従来の原発推進政策に基づく関連予算、資金の転用を検討する考えを表明した。共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首との個別会談で「原発予算を洗い直す」と強調した。除染、賠償費は膨大な額になると予想され、国民の負担軽減に向けて財源確保策に本腰を入れる姿勢を示した形だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信