外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ドーハ共同】安倍晋三首相は28日、訪問先のカタールで記者会見し、東京電力福島第1原発の汚染水漏れに関し「東京電力任せにせず、国として緊張感を持って対応していく必要がある。政府が責任を持って対応し、国内外にしっかり発信する」と述べた。自衛隊によるソマリア沖での海賊対処活動などを踏まえ「今後はテロ対策や治安、地域全体の安定に向け一層の役割を果たしていきたい」と、国際貢献に努める考えを強調した。

共同通信