外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳩山由紀夫首相は11日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し「米国としては何も変わらないのがベストだとの気持ちが伝わってくる。ただ住民の長年にわたる危険と騒音の問題を考えれば、そういう結論にしてはいけない」と指摘した。問題長期化に伴う基地施設の固定化に懸念を示し、早期移設の必要性を強調した発言だ。官邸で記者団に語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信