外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法案の審議は、政府、与党が目指す再来週の参院採決に向け大詰めを迎える。安倍晋三首相は4日、読売テレビ番組に出演し「どこかの段階で決める時に決めないといけない。それが民主主義のルールだ」と今国会成立に決意を示した。一方、民主党の岡田克也代表は党本部で記者会見し、政府答弁の混乱を批判しながら「今国会中の成立は断念すべきだ」と訴えた。政府、与党と野党の駆け引きが激化した。

共同通信