外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は19日、北朝鮮による日本人拉致問題について「交渉、対話を行っていきたい」と述べ、早期解決に向けた交渉再開に意欲。訪朝した飯島勲内閣官房参与が要人との会談で、拉致被害者の即時帰国などを求めたのに対し、北朝鮮側が「日本政府の意向を金正恩第1書記に伝える」と回答していたことも判明。首相の発言は持論の「圧力」重視から「対話」路線に軸足を移したとも受け取れ、今後の北朝鮮の対応が焦点となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信